おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - 彼女が視姦TOP > 見られちゃった > - 彼女が視姦

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女が視姦

Category:見られちゃった

かなり前だけど、彼女と一緒に東北のひなびた某温泉に旅行した時の話し。
チェックインして、時間があるので早速ひと風呂浴びにいくことにし、当然男湯と女湯に別れて入ったんです。

風呂は男湯と女湯の境が洗い場の上部がスルーの構造。男湯は田舎風のオッサンが3~4人先客で入っていた。
女湯は時間が早かったせいか俺の彼女ともう一人の二人しか入ってない様子(話し声でわかった)
そのうち、一人のオッサンが洗い場の桶を台にして女湯を覗き始めた。
俺を含めて他の男達に手招きして覗けとサインを送ってきた。

他のオッサン連中はみんな洗い桶を台にして覗き始めた。
始め、俺はどうせ夜は彼女の裸は俺が見るんだし、注意しようかと思ったが自分の彼女の裸が他の男達に見られていることにちょっと興奮してきて、それも彼女と一緒に入っているもう一人の女(若そうな声)を見たくなってオッサン達の仲間入りした。

で、二人の裸をみて俺の彼女が勝っているのを確認して桶を降りた。
オッサン連中も桶から風呂の中に戻り、女湯に聞こえないように小さい声で批評を始めた。
俺の彼女に全員が100点満点(年齢、胸の張り、大きさ、スタイル、顔等)を出していた。
その夜はオッサン達に覗かれ、晒したことを思い出しながら、彼女の身体に燃えた。
(ざま~みろ、この100点の身体に俺がチンコ入れてんだよ)ってちょっと優越感だった。
今頃あのオッサン連中再批評してんだろうなって。

翌朝のこと、バイキングの食堂へ浴衣姿の彼女と行った時だった。
昨日の風呂場のオッサン連中も朝食に来てて俺と目が合った。
後ろからついて来る彼女と俺をマジマジと見比べてオッサン連中の目が点になってた。

彼女は浴衣姿だったので尻でパンティーラインがくっきりでてた。
それを眺めてまた、ニヤニヤし出したオッサン連中。
(ざま~見ろ、昨日覗いたのは俺の彼女だよ)
ここでも優越感。

何も知らない彼女は「あの人たち変な眼で私を見てるんだけど・・・」って言ってたけど「気にすんなよ」って俺。
朝食が終わって戻る時、オッサン連中の目が彼女の尻にいっているのが判ったいたので、彼女が視姦されている俺はちょっと興奮してた。

部屋にもどってチェックアウト前のもう1回彼女に挑戦した。
旅館を出る時にも、外でたむろしてたオッサン連中の顔が彼女を見ながら二ヤついてた。
関連記事








コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。