おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - 個人病院に勤める看護婦TOP > 看護婦さんとの体験 > - 個人病院に勤める看護婦

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人病院に勤める看護婦

Category:看護婦さんとの体験

個人病院に勤める看護婦です。
私の大切な患者さんについてお話します。
彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を骨折してうちの病院に運ばれてきました。


外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。
入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶことになりました。
個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人とはいかなくて、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。

障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかないので大丈夫だと思ったのです。
治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。

病室へもどる廊下の途中で突然、私の胸をにぎりしめてきました。
あまりに突然のことで、びっくりしましたが、そのまま病室へ戻りました。
そのことがあった日から、なんとなく彼のことが気になってしまうようになりました。

入院経験にある方ならご存知でしょうが、一人でお風呂に入れない患者さんは、看護婦が体を拭くことになっています。
ギブスがまだ取れない彼もその1人です。
といっても個人病院なのでそんな患者さんは多くなくその時は彼だけでした。
なぜか、そういう仕事は一番年下の私が一番多くやらされる。

病室へ入ると、学校の先生が持ってきた宿題をやっていました。

「体拭きしようか?」

と声をかけると、

「はい」

と言ってベッドの上を片付け始めました。

「服ぬいでね」
「はい」

とても素直な返事です。
この前あんなことをした子とは思えないほどでした。

ふとみると、ほんとに見事にすっぽんぽんです。
なんか、母性本能をくすぐられるようなとてもいとおしい感じでした。

オチンチンを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。
元気です。
洗い出してすぐにビクンとなり大量の精液を出し始めました。
恥ずかしいのか彼は黙ってしまいました。
私も気づかないふりをして洗いつづけていました。

さすがに若い。
さっき出したのにもうギンギンになってて、しかも大きい。
興奮してしまいわざとタマタマを揉んだりチンチンをしごいたりしていました。

そして2回目の発射。

さっき出したのに結構な量が出てきました。
それでもまだ大きなままです。

「すごい・・・」

自分のアソコが濡れるのがわかりました。

「まだ出そう?」

ときくと、はずかしそうに

「はい」

と答えました。
思わずしごきつづけてあげました。
少し間隔をあけて3回目。
ようやく落ち着きました。

「いっぱい出たね。」
「うん。」
「他の看護婦さんに言ったらだめだよ。」
「はい。」
「この前、わたしのオッパイさわったでしょう?」
「だっておおきいから・・。ねえ、なにカップ?教えて」
「Eの88。すごいでしょう。じゃあね。」

数日後、体拭きの担当がまわってきました。
しかも、彼一人だけしかいない。

「おはよう。体拭きしようか?。」
「はい。」
「今日は何回出すつもり?」
「○○さんがしてくれたら何回でもいいよ。」
「へー、そりゃ楽しみだな」
「じゃ、脱いで」
「今日は、もうたってるじゃん。」
「だって、大好きな看護婦さんに体拭きしてもらえるもん。」
「他の看護婦さんのときは、出してないの?」
「勃つけど、どうにか我慢できる。」
「私のときは我慢しないんだ?」
「あんなにさわられたらできないよ」

そして陰部洗浄へ・・。
見事3回爆発。

「もう出ないの?」
「出ると思うけど時間かかると思う。」
「そっか」

私は手袋をはずし右手でしてあげました。
気持ちいいのか、全身ピクピクしています。

すると、ムクムクと大きく硬くなってきました。
さらに続けるとビクビクっと白い液体が流れ出しました。

「記録更新だね」
「次、○○さんの体拭きまでオナニーしないようにしよう。そしたら、7回くらいできそうな気がする。」
「我慢しなくていいよ。したいときはしないと、私みたいな看護婦さん ばっかりじゃないんだからね。」
「わかった。ねえ、○○さんのオッパイ見たい、見せてお願い。」
「ギブスがとれて、お風呂に入れるようになったら見せてあげる。」

と冗談で言ったのに、

「約束だよ、絶対だよ。」

必死になって言うのでつい約束してしまいました。
そしてついに、ギブスがとれ、お風呂に入る日がきました。
一人でお風呂に入るのが危ない患者さんには、看護婦が介助したあげます。
ナース服の上に魚屋さんがつけているようなエプロンに長靴、これで、お風呂場に長時間いるのですから汗だくです。

病室の順番で彼が入るのは一番最後でした。

「お待たせ。お風呂いこうね。」
「やっと、お風呂に入れる。うれしいよ。」

服をぬがせると、やっぱり勃ってる。
危ないので椅子にに座らせ、シャワーをかけてあげました。

「約束覚えてる?」
「忘れてないわよ。ちょっと待ってて。」

誰か入って来ては大変なのでカギをかけ、そして全裸になりました。

もう私は彼とする気になっていました。
彼の体を洗ってあげていると、胸をさわってきました。
抵抗する気もありませんでしたのでされるがまま私も彼のチンチンを口にくわえました。

14歳、フェラチオの経験などなかったはずです、とても驚いた表情でした。

上下に動かすと刺激が強かったのか、すぐに口の中にそのまま出してしまいました。

「気持ちよかった?」
「うん、すごくよかった。」

彼を抱きしめ、乳首を吸わせました。
舌先で乳首を転がすようにやさしく舐めてくれました。

私も椅子に座り、チンチンをにぎりアソコへ導きました。
ゆっくりと腰を動かしました。
アソコのなかでも脈打っているのがわかりました。

そして、すぐに私の中に出しました。
妊娠の可能性も高かったけど受け入れてしまいました。

彼はリハビリの為、来月末までの入院です。
今はこの関係でいたい・・・

関連記事








コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。