おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - 大学病院で診療TOP > 見られちゃった > - 大学病院で診療

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学病院で診療

Category:見られちゃった

22歳女性です。
最近、便秘がちのことで就職後のことを考えると気分が重くなってしまって...
体調がわるくなって仕事がきちんとつとまるのか、ちゃんと社会人としてやっていけるのか、気になりだすと考え込んでしまいます。


健康診断のつもりできちんとしっかりした病院でみてもらおうと以前から考えてはいました。
大学の講義も12月で終わりになったので、先日、ある大学病院へいってまいりました。
何科で診てもらえばよいかわかりませんでしたが、受け付けで相談にのってもらったところ、総合診療科というところに回されました。

最初、予診室という部屋に呼ばれ、若そうな先生に、いろいろと質問をうけましたが、またあとでお呼びしますといって去っていかれました。
それから随分と待たされましたが、ようやく呼ばれて、今度は第一診察室というところにはいっていみると随分年輩の貫禄のある先生が腰掛けていました。

驚いたことにその先生以外にも後ろの方に3人の白衣を着た先生(あとで学生だとわかったのですが)おられました。
先生は私の方に見向きもせず、最初に予診室で会った先生からわたしの病状を聞いているようでした。
看護婦さん(中年の)に「これから先生が診察されますのでベッドに横になって待っていて下さい」と促されました。

ベッドに横になるとズボンのベルトとチャックをゆるめられ、ブラウスをまくっておなかを出した状態で待期させられました。
(お腹にバスタオルを掛けてくれました)
先生はまず、

「ここにいる3人は学生なんですが勉強のために診察につかせたいんですが、よろしいでしょうか?」

と聞いてきました。

ああ、やっぱり大学病院というところは普通の病院とは違うんだなと思いましたが、あまりなにも考えずに「はい」と返事をしてしまいました。

先生は入念におなかの触診を始め、腎臓はこうやって触れるとか、肝臓はここに手をおいてとか、学生さんに教えながら診察されていました。

「便に血がまざることもあるとのことですが、お尻を拭いたときに真っ赤な血が紙につくのですか」

と具体的に先生が聞いてきました。
確かに、硬い便のときにそういったこともあったのでそう答えると

「大抵はそういった場合、痔からの出血で良いと思うのですが、中には特別な病気も隠れている場合もあるので、一度、お尻のほうも診させてもらえますか」

この時、私は先ほどなにも考えずに「はい」と言ってしまったことを後悔しました。
先生になら分かるのですが、勉強のためとはいえ学生にはみられたくなかった。
しかし現場の張りつめた雰囲気のなかではとても「嫌です」とは言えませんでした。

私は仰向けのままズボンを太股のところまでおろされ、パンツも同様に太股のところまでずりおろされ、横向きになって膝を抱え学生達に向かってお尻を突き出すような姿勢にさせられました。
腰から陰部にはバスタオルを掛けてくれました。

「この縁にわずかに亀裂がみえますね」

と私の肛門を指でさす声が聞こえました。

「こういったとき体位を変えるだけでよくみえるようになりす。」
「○○さん、膝を出来るだけ胸にくっつけたままうつ伏せになりますよ」

と言われるのと同時にゴロンと転がされました。
学生達の間から、かすかにざわめきが聞こえました。。

「膝胸位といってこの体位にするだけで肛門がひろがって詳細な観察が可能となります」
「さっきみえた亀裂の奥のほうまでこれだとはっきりするし、ほらさっきはかくれてみえなかった痔核が6時方向にみえるだろう」

私は土下座しているような格好でおしりを突き出していました。
自分でもお尻が自然に開いて、おしりの穴のひだが伸びきって緊張しているのがわかります。
複数の人間に観察されていると思うと、火がでるほど恥ずかしく、顔を上げることができませんでした。
この姿勢だとバスタオルを掛けることもできず、肛門の下の陰部まで少し見られてしまいます。

実際、学生達はしゃがんで、私のお尻を下から覗くようなかたちで、すぐそばまで顔を近付けて見ており、陰部に学生さんの視線が痛いほど感じられました。
私はなんとかあそこだけは見られまいと、足の裏で陰部を隠そうと四苦八苦しましたが無駄な努力でした。
そうした行為自体が逆に恥ずかしく、惨めな気持ちになりやめました。

「いいですよ」

と言われまたもとの姿勢にもどされました。

「これから直腸の診察をしますのでできるだけ力を抜いていてください、痛いところがあったらおっしゃってください」

そう言うと、先生は私の肛門へ指をすべりこませました。
指先が肛門のなかでくねって腸の壁をくまなくなぞっているような診察でした。
その間、1分もかからなかったと思います。
え、もう終わりなのという感じで、以前うけた肛門の診察とのあまりの違いに驚いてしまいました。
しかし恥ずかしかったのはこれからでした。

「学生さんひとり手袋つけて」

最初に問診した学生が手袋をつけはじめました。
ちらりと一瞬、目がお互いにあってしまい、その方も顔が真っ赤で、気まずいおもいでした。

「診察して所見をいってみてください」

先生に指示され、ぎこちない手つきでその学生が私の肛門に指をいれました。
手が震えているのがわかりました。

「12時方向になにか触れるんですが」

と消え入るような声で学生が答えました。

「バカ、そけは子宮だよ」

といって先生が笑われました。
周りの学生からも笑い声があがり、つられて私も笑ってしまいました。

一瞬、場がなごんだのです。
診察もおわり、ほっとしていると次のようなお話が先生からありました。

「これからは、食生活を整えること、毎朝の排便を習慣づけることですね。少し肛門が切れていますが、硬い便のせいでしょう。あと少し気になったんですがお腹をさわったときに少し子宮が触れたようなのです。子宮筋腫の可能性もあります。これが大きいと直腸を圧迫して便秘の原因になることもあるんです。一度、産婦人科で診察を受けてください。」

その日のうちに私は産婦人科へ回されました。

「子宮筋腫?」

私の頭は最初、パニックになっていました。

今度は、先程の先生が電話をしてくれていたおかげですぐに診察の番がまわってきました。
診察室にはいると壁に張り紙がしてありました。

*下履き(ズボン、スカート、下着)を脱いでください。
*足台を使って気をつけて内診台に上がってお待ちください。

部屋の中には腰ぐらいの高さの内診台があり真ん中がカーテンでしきられており向こう側が見えないしくみになっていました。
言われたとおりにズボンとパンツを脱ぎ、脱衣篭へいれようとかがんだところカーテンで仕切られた向こう側にたくさんの靴がみえました。
また学生のさらしものになるんだ。
そう思うと足がふるえてきました。

私がズボンとパンツを脱いだのをみはからったかのようにカーテンの向こう側から

「足もとに気をつけておあがりください」

と看護婦さんの声が聞こえました。
私は覚悟を決め内診台にあがりました。

内診台の中央にあるカーテンから向こう側は見えませんでしたが、複数の人の気配がします。
これからカーテンのむこうで陰部をさらけ出すことを想像すると震えが止まりませんでした。

「ここに足置きがありますから足を置いてください」

とカーテンの向こう側から両足を足置きの上に誘導されました。
足置きは肩幅よりも幅が広く内診台より30cm位高い位置についているので、これに両足をのせると股間が強制的に開いてしまうんです。

「もう少しお待ちください」

そういって看護婦さんは去っていかれました。

私は無駄なあがきだとわかっていましたが、太ももをできるだけ合わせて内股にし、少しでも陰部を隠そうと努力して先生が来られるのを待ちました。
(水泳で鍛えられているせいで私の太ももはそんなにスリムではないので)

でも、なかなか先生がやって来てくれないのです。
時間にすれば5分程度のものだったのかもしれませんが、こんな体勢で何もされずにさらしものになるのは耐えられませんでした。

太ももを閉じているのも限界でじょじょに脚が疲れてきてしまいました。
ただこの時、私は嫌悪感、と同時にまた変な気持ちになりつつあることを内診台の上で感じていました。
総合診療科で肛門を診察された時から少し感じていたのです。
濡れはじめていました。
クリトリスが閉じた脚のなかで脹ってきているのが自分でもわかるんです。
このとき、私の頭のなかでとんでもない考えが浮かびました。

「閉じた脚を自分から開いて、こんな状態の陰部をカーテンの向こう側にいる学生達に見せたら、みんなどう思うだろうか?」

危険な考えでしたが、それをやった時の向こう側の反応を考えるとますますドキドキして変な気持ちに傾いてしまって・・・、もう一人の別の自分に強制されるかのように、ゆっくりと両脚を開きはじめていました。

半分くらい脚を開きかけた時、カーテンの向こう側からヒソヒソと息遣いが聞こえ、ドキッとしていったん脚を開くのを止め、ハッと我に返りました。

「なんてバカなことをしてしまったんだろう。」

内診台の上で、自ら股間を開いてしまったことを後悔しました。

「私のことをどんなふうに見られて、どんなふうに思われてしまったのだろう」

あまりの羞恥に耐えかねているとようやく先生があらわれました。

「○○さんですね。これから診察をはじめますが、もう少しお尻をこちらの方にもってこれますか?」
「はい・・・」

と返事をしましたが、どうして良いかわからず、あたふたしているとカーテンの向こうから先生の両手がのびてきて私の腰のあたりを掴まれ

「ちょっと腰を浮かせてもらえますか」

と言われ、カーテンの向こう側へ腰をひっぱられました。

両足は足台に固定したままなので、お尻が下にいけばいくほど、股間が開いてしまうんです。

「もう一度いいですか」

さらに先生側へ引っ張られ、お尻が内診台の縁からはみ出すんじゃないかというところまで引きずり降ろされました。
まさか、ここまで屈辱的な格好にさせられるなんて、想像できませんでした。
肛門も陰部も丸出しってこういうことなんだ。
普段はからだの一番裏の奥深くにひっそりと隠されているのに、内診台の上では、表裏逆にひん剥かれた感じで、今では、からだの一番表面に飛び出して露出してしまっている。
肛門の周りの皮膚に張り裂けそうなくらいの緊張が加わり肛門が広がってしまいそうになるんです。
オナラや便が出てしまいそうな変な気持ちになり肛門が何とか広がらないようずっと力を込めていなければなりませんでした。
股間を強制的に極限まで開かされているせいで、両陰唇が強く外側にひっぱられて腟が開いてしまうんです。
愛液が肛門の方までつーと垂れてくるのが感じられました。

肥大し露出したクリトリスまでも学生達の観察の対象になってしまっていることでしょう。
頭が羞恥で真っ白になりながら、私は今、自分がおかれた現状を客観的にみていました。

診察自体は10分もかからなかったと思います。
クスコを腟に入れられ、縦に大きく広げられ、中の内臓をのぞかれた時には「もうこれ以上、君たちに見せるものは何もないよ」と自暴自棄になっていました。

嫌だったことは、同じ診察を2回くりかえしやられたこと。
カーテンの向こうなので見えませんでしたが、何人かの学生にも診察されたことに気づきました。
あと、超音波検査(細長いものを腟に入れられて検査されました)のとき突然

「○○さん、これ見えますか」

といって先生が仕切りのカーテンを開かれ、超音波検査のモニター画面を私に見せてくれようとした時のことです。
小さな子宮筋腫があったのですが、先生が説明しているとき、何人かの学生がモニターの方を全く見ないで私の股間の方に視線を集中させていました。
なんとその中の学生の一人はあからさまに、チラチラと私の股間と私の顔を見比べ、ニヤッと笑ったのです。

大学病院にきてしまったことの後悔・・・
最初、変な気持ちをおこしてしまい、自ら脚を開いてしまったことへの後悔・・・
もう二度と内診台にはあがるまい。

さらに最悪なことに最近、陰部がかゆくなってきたんです。
いままで見たこともないようなおりものもパンツに付くしまさか大学病院で・・・
最近セックスもしていませんし・・・

本当に泣きたい。

関連記事








コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。