おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - なぜか痴漢に会う私TOP > 痴漢体験 > - なぜか痴漢に会う私

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか痴漢に会う私

Category:痴漢体験

今から遡る事、6年前です。
まだ、初々しい社会人だった頃の事です。
小学生の頃からなぜか痴漢にはしょっちゅうお会いしてたあたしなんですが。


今からお話する痴漢には、ホント毎日のように襲われてました。
電車の車両を変えても、乗る時間を変えても何故か、数日のうちに発見されちゃうんです。
(これは今でも謎です)

会った当初は、スカートやズボンの上からお尻を撫でてきたりブラウスの上から、胸を掴んでくるぐらいでした。
それが、日々エスカレートし、スカートをまくったりブラの中に手を入れられたりってな事になり始めました。

ロンスカで出勤した日の事です。
例の痴漢に、スカートをまくられ、ストッキングを下げられました。
こう毎日会うと、心境も「嫌」→「待ち遠しい」に変化してくるもんなんです。

いつものように、ブラウスはたくし上げられ、胸を揉まれ始めました。
もう一方の手は、ショーツの中に入れられ、クリちゃんを弄り始めました。
クリちゃんが、どんどん熱くなってくるのが、分かったんです。

「・・・何だか気持ちいいかも・・・」

実感した瞬間、痴漢はオ○○コの中に指を入れてきました。
たぶん、Gスポの辺りだと思いますが、そこを強く刺激してくるんです。
こっちは、もう声を押し殺すのに必死です。

気がつくと、腰を振りまくってました。
もう気がおかしくなる寸前だったあたしは、藁にもすがるような気持ちで必死に痴漢のチ○○ンをしごきました。
そして、それは、降りる駅につく手前でやって来ました。

・・・いっちゃったんです、あたし。

しかも、大量に潮ふいて・・・!

当時、付き合っていた彼がいましたが、いった事はありませんでした。
オナニーでいった事はあっても、他人にいかされたのは生まれて初めてでした。

その後、痴漢はいつものように、ストッキングやブラウスを元に戻して電車から降ろしてくれました。
降りた時に「夜ホテルで~」って話を持ちかけられましたがそれは無視しました。
電車の中で会ってるからいいって事かも知れないから・・・
それからも、携帯をブルブル状態で、クリちゃんに当てられつづけてやっぱりいっちゃったりとか。

その痴漢とは、いつの間にか自然消滅しちゃいましたが今でも、通勤電車の中で「痴漢に会わないかな」と淡い期待を抱いています。

関連記事








コメント
.
そんなに巨乳じゃない、美人じゃないが、満員電車にいると、つい触手を伸ばしてしまうのは、空ろな目の女性だ。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。