おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - 彼の目の前で私の身体を・・・TOP > 3P・乱交体験 > - 彼の目の前で私の身体を・・・

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の目の前で私の身体を・・・

Category:3P・乱交体験

3年位前、私が元彼と付き合ってる時、私の彼以外は全くの他人に彼の目の前で私の身体を自由にされたことがある。
すごく刺激的だったので今でも印象に残ってる。
私、そゆうのって興味あったし彼もまんざらじゃなかったみたいなんで、私が彼に望んだ事なんだけど・・・


どんな種類の店だったのか良くわからないけど、壁に大きなスクリーンその前に大きなステージがあってそれを取り囲むようにボックス席。
スクリーンにはポルノなのかAVだったのかは不明だけどH系の映像。
私たちはボーイさん?に案内されてスクリーンの前のボックス席に。

最初は暗くて良く見えなかったけど目が慣れてきたら周りのボックスには人が座ってって鑑賞してる気配。
スクリーンを見てるうちにだんだんお互いその気になっちゃってキスしたりお互い触りあったりしてて気がついたら外れたブラとスカートだけになってた。

なんか複数の人の気配を近くに感じて目を開けると、10~15人くらいの人たちが、私たちのボックスを囲んでヒソヒソ話しながらながめてるのがわかった。
彼は、私の身体に触りながら脱がしながら周りのみんなに見せてたみたい。

「若くて良いわね!いくつなの?」

とか45才位のオバサンが、彼にとも私にとも取れる言い方で尋ねてきた。
彼が23です。と言うとオバサンは「触ってもいい?」と言いながら手を伸ばしてきたんだけど、女の人だからまあいいやと思って「はい」と答えてしまった。
彼もなんか頷いてた。

「やっぱり若い子は違うわね」と肩から胸と触ってきて「あんたも触らせてもらいなさいよ」ってパートナーらしい50~60才くらいのおじさんの手を持って私の胸に・・・
私は思わず彼を見たけど、かれは私の顔を見て軽く笑いながら小さく頷いて「いいだろ?」って囁いた。

私が戸惑って返事をしないでいると、おじさんは私の胸に恐る恐る触れてきたけど、私が拒否らないでいると段々と力が入ってきて胸を揉みだした。
それが合図のように色んな所から手が伸びて来た。
最初は胸を中心で、揉まれたりトップを摘まれたりくらいだった。

段々エスカレートして、ブラをとられスカートもとられマッパにされて後ろからも横からも手が伸びてきて半分開脚された状態で、胸を揉まれたり下を触られたり・・・
身体は正直に反応した。

それでも彼がすぐ横にいたから、少し安心して、されるがままに。
ヤキモキさせてやろうと、チョットした悪戯心で積極的?に、いやいやしながらも受け入れていた。
結果的にそれが間違いだった。

両手、両腕を引っ張られて立ち上がる形になったと思ったら、両足もそれぞれ持たれてスクリーンの前の一段高くなったステージへ下ろされた。
もう彼がどこへいるのかもわからない状態で手足を抑えられてキス・胸・下も前も後ろも・・・

もう滅茶苦茶。

多分、店内にいる殆どの男とキスしたと思う。
仰向けで上を向いた状態で開脚させられてオモチャか何かを入れられたけど何を入れられたのかも、何をされてるのかも見えないから全くわからない。

でも、一人が私の両足の間に身体を入れて両足を引き寄せた時、上体が起きて下を見た瞬間「あ!」っと思って全身に力が入ったけど遅かった。
その後は悔しくて涙が出てきた。
こんな事にになるかもっていうのはわかっていたつもりだったのに。

入れられてる間も、H映像の音声の流れるなか入れ替わり立ち代りに体中を触ってくるし・・・
大勢に覗き込まれ、はやし立てる声、同性の聞き取れないようなヒソヒソ声。
丸っきりのレイプではないっていう気持ちもあるから我慢しても、身体は反応した。

それから、1人か2人か・・・3人かもしれない人に入れられたと思う。
気がついたら私は一人でステージの上でバスタオルをかけられ横になっていた。

どこにいたかもわからない彼が現れ私の手を引いた。
バスタオルを巻きつけボックスへ戻った。
服を着て周りを見回すと、店内は何も無かったかのようだった。
帰りの車の中で、私の姿見て興奮した?って聞いても「うん」と答えるだけだったけど、ホテルに入った後のHは激しかった。

私も彼の良さが今更ながらわかった。
こんな経験は1回で十分だね!

あの独特の雰囲気は、興味があるなら体験するのもいいんじゃない?
やっぱり不潔さは、どうしょうもない。

関連記事








コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。