おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - 今までで一番すごいTOP > 痴漢体験 > - 今までで一番すごい

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までで一番すごい

Category:痴漢体験

朝の通勤電車で、とっても混む路線を使っているOLです。
先日、今までで一番すごい痴漢にあったので書きます。
電車は駅に着いた時から満員状態なので、いつも背中から乗る感じです。


目の前に40代位のスーツの男性が乗って来たんですが私と向かい合ったままで、奥へ奥へと押してきます。
正直、この時点で「この人痴漢かも」って分かりました。
だって、痴漢って位置取りが不自然な人が多すぎです。
なんか必死感も滲み出てるし。

私は右手に鞄、左手に傘で両手が塞がってたんですが鞄が人に流されてしまい、右手は動かせない状況に。
おじさんはしばらく向かい合ったままジッとしてました。
私の左前側におばさんが居て、そちらを警戒しているようでした。

電車が動き出し、その揺れに合わせておじさんが体をずらし私とおばさんの間に割って入りました。
そして、左手の甲を私の下半身に押しつけてきました。
私は抵抗しませんでした。
これから何をされるのかなってドキドキしてました。
私の服装は、白っぽいツルツル素材の薄手のフレアスカートに、白のジャケットです。

電車が発車して3分ほど経ったところでおじさんが手を返し、掌で下半身を優しくさすってきました。
そして傘を持った左手に、おじさんが自分の股間を押しつけてきました。
すごく熱くて硬くなってました。
私は下を向いてジッとしていました。

その時おじさんの社章のバッジが見えて、しっかり覚えておきました。
警察に通報する気はないけど念のため。
この時点では冷静ですね。
痴漢なんていつもの事って思ってました。

スカートの上からクリの辺りを押されたり、なでられたりして少し気持ち良くなってきてしまいました。
おじさんのハァハァ言う声が上から聞こえてきます。
おじさんが指でスカートをたくし上げて、手を入れようとしてきました。
そこで思いだしたのですが、今日は恥ずかしながらガードルを着用してきてしまったのです。
(白スカートは下着が透けてしまうので、ガードル必須なんです。)

ストッキング、ガードル(薄手)、パンツとかなりの重ね着…。
おじさんはめげずにストッキングの上から、指2本位でクリのあたりを優しく押して、円を描くようにゆっくり動かしてきます。
力加減がすごく良くて、つい感じてしまって、されるがままになってました。

電車の中で知らない人に触られてると思うと、すごく感じてしまって、
私も体が熱くなってうっすら汗が滲んできました。
おじさんが手のひら全体を使って、あそこを挟み込むように揉んできました。
ストッキングにまで浸み出していたかどうかはわからないのですが、下着と肌がヌルッって感じで滑っておじさんにも私が感じているのがばれていたと思います。
しばらく、やさしく、ゆっくりな動きで揉んだり押されたりしました。

やがて、おじさんが手をお腹のあたりに這わせてきてストッキングの上から手を入れようとしているのが分かりました。
さすがに恥ずかしくなって、少し身を捩って抵抗しました。
でも、おじさんはお構いなしにちょっと強引に手をパンストと下着の中に差し込んできてとうとう、直接触られてしまいました。

自分でも驚くくらい濡れていて、クリの方まで溢れてたみたいでおじさんの指がクリを触った瞬間、ヌルッとしました。
おじさんは指の腹でクリを上下左右に撫でまわし、リズミカルに刺激してきます。

たまにちょっと痛かったけど、この状況に興奮してしまい、すっごく気持ちよくて脚がガクガクしてきました。
途中駅に着くアナウンスがあり、電車が大きく揺れました。
それでもおじさんはパンツから手を抜きません。

私はずっと下を向いたまま。
5分弱くらい触られ続けていました。
その時、おじさんが急に下着から手を引き抜くと体の向きを変えました。
どうやら、左前のおばさんに気付かれたっぽい。
顔を上げられないので雰囲気でしか分からないのですが。

すぐに電車が駅に到着して、人が下りていきます。
私は降りる駅では無かったのですが、他の人に気づかれていたら恥ずかしいので一旦下りて、隣の乗車口に移動しました。

あー今日はすごいことされちゃった…。
ってぐったりしつつ電車に乗り込むと、後ろからぴったりくっついてくる人が…。

え、もしかして着いてきた?!っとさすがに動揺しました。
その人は後ろから左手を私の腰に回してきて、私は逃げられないように抱え込まれました。
周りは男性ばかりで、皆、こちらに背を向けています。

電車が動き出すと、今度はすぐにスカートをたくし上げて、迷わず、下着に手を入れてきました。
そして指でクリを攻めてきます。
しばらくして穴の中に指を入れようとしたみたいで
割れ目の奥に指を差し込んできたのですが、角度的に無理だったぽいです。

私もものすごく感じていたのですが、さすがに周りが気になってイクことはできませんでした。
その後、私の体を自分の方に向けさせたいらしく、あそこを鷲掴みにしてグイグイと引っ張ってくるんで痛くなってきて…。

あと、手首をつかまれて、おじさんの股間に持っていかれたのですが、それが強引で、かなり嫌になってきて、急に気持ちが冷めていきました。
体をずらして、触れない角度にしてしまいました。
おじさんは、諦めてパンツから手を抜きましたが、その後もしつこくお尻を撫でまわしてました。

そして、次の駅に到着。
私は逃げるようにして降りてしまいました。
でも、脚がふらふら、頭がぼーっとして上手く歩けなかった。
パンツが濡れまくりで気持ち悪いし。

会社のトイレで下着を見てみたら、ストッキングまで濡れてました。
今までで一番濡れてました。
おじさんが欲を出さないで、最後まで優しく触ってくれたら最高だったのに。
関連記事








コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。