おすすめ情報

TOP > スポンサー広告 > - 同じ会社の先輩の女性TOP > 浮気 > - 同じ会社の先輩の女性

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ会社の先輩の女性

Category:浮気

俺 20歳 チビ ガチマッチョ
穴女 28歳 スレンダー
彼女 20歳 スレンダー

俺と穴女は同じ会社。
俺は岐阜支社、穴女は愛知支社だった。
ある業務で一緒に働いた事があり「綺麗だし、仕事も捌けるし姉さん女房みたいな人だなぁ」と思っていた。
当時は彼女がいたのだが、元旦だから実家に帰って挨拶に行くというので急に暇になった。

穴女さん確か愛知だと思った俺は早速電話してみる。

俺「あけましておめでとうございます」
穴「あけましておめでとう」

中略
俺「今から遊び行っていいですか?」
穴「えっ!今から?…別に良いけど」

こうして元旦早々お邪魔する事に。
到着するなり「初詣に連れてけ」とのたまう穴女
近所の寂れた神社で初詣を済ませ、寿司や酒を買い出しに。しかも全部出してくれた。

部屋に帰って飲みながらTVを見る。
と何の脈絡も無く穴女がチャイナドレスで登場

俺「ど…どうしたんですか(;゚Д゚)」
穴「えへへ~彼氏が買ってくれたの~(*´∀`*)」

しまったこの人飲み過ぎだよorz
確かここでワイン1本とビール500×2は空いてる

しかし元々体型が良い上に太腿までスリットの入ったチャイナ。
軽く勃起した。
TVでブラジャーのCMをやってたから穴女にサイズを聞いてみる。

俺「穴女さんってBカップ?」
穴女「失礼ね!CよC!」
俺「んじゃ確かめますね~」
いきなり胸をもんでみる。
穴女「ほらちゃんとCでしょ…てかいつまでもんでるの?」

全く嫌がってない。
あれか。なんかの罠か?
この段階でワイン+1本空いてる。

夕方になりそろそろ帰ろうと思った俺。

俺「穴女さんそろそろ帰ろうと思うんですが」
穴女「え~泊まってけば良いじゃん」

ヤル気だ。
穴女さんヤル気だ。
間違い無い。

もうここからやりたい放題。
後ろから抱き着いて乳揉みながらTV見たり、スリットから太腿サワサワしたり。

しばらくすると

穴女「お風呂入る~」
俺「俺も入る~」

一緒に入浴。なんかヘルスみたいだって思ったな。
しかし穴女さん風呂途中でトイレに駆け込む。
完全に飲み過ぎだ。

しかし俺の理性はまだまだあったのだ。

「セックスだけはマズイぞ」

と脳みそが言ってた。

風呂上がりの穴女。
ちょっと色っぽい。
と、布団を引き出す穴女。
しかも枕2つ並べて。

俺の理性崩壊はこの時である

俺「ちょっと早いけど寝ますか」
穴女「そうだね~」

と、お姫様だっこして布団に突入。

穴女「ちょっ…ちょっと!」
俺「はいはい」

キスしながらどんどん脱がす。
てか穴女ノーブラw
パンツだけ履かせて肩や首やら愛撫する

穴女「あっ…あっ…くうっっ」
声を噛み殺しながら喘ぐ穴女
俺「パンツ脱いだほうが良いんじゃ無い?汚れるよ」
穴女「う…うん…あのね…電気消して…」

そういえば電気つけっぱなしだった。
電気を消して俺も服を脱ぐ。

チ〇ポを口の前に出すと舌先でチロチロする穴女。
中々のフェラテクだ。
いきなりくわえたりしないのは良いね。
チ〇ポしゃぶらせたままパンツを脱がすと、既にマン汁でグチョグチョ。

指1本から2本に増やしマ〇コを弄る。

俺は思った。
…なんか違うな。

なんと穴女は名器だった!

こいつは間違い無く潮吹くな~と思った俺は本気でマ〇コを弄る。
気持ち良すぎてチ〇ポをしゃぶれずにただ喘ぐ穴女

穴女「あっあっあっ…ダメっダメダメ」
俺「ほーらイッて良いからね」
穴女「あっ…くっ…」

無言でビクビクしながら潮吹いてイッた。

すぐに生のままチ〇ポをあてがう。

俺「穴女さん…」
穴女「…?」
俺「ちゅーしよ」

ディープキスして抱きしめる。
と同時に奥まで一気に挿入!

穴女「??!!!!」

またイッたみたいだ

しかしこの穴女。
名器である。
突っ込んだは良いが動くとヤバい。
マ〇コ全体がウネウネして絡み付く使用になってる。

体位を変えてバックで突きながら背中を甘く噛む。
ビクビクしながらイッてる穴女。
マ〇コも締まる。

穴女「あああ…ダメぇぇ…ダーリンに怒られるぅ…」
俺「じゃあごめんなさいしないといかんね」
穴女「ゴメンなさい、ゴメンなさいぃぃ」

穴女のゴメンなさいという言葉に合わせてチ〇ポをブチ込む俺。

俺「ねぇ、俺とダーリンとどっちが良い?」
穴女「ダーリン…」

…orz

一瞬引いたし凹んだけど、正直燃えたね。
絶対「犯し〇ろす」って思った。

そろそろフィニッシュなのを気付いたのか
穴女「中に出してぇ…」
ハイハイ良いですよ。もうどうにでもなれ。

膣奥に精液ブチまける。
あ~気持ち良いwてかマ〇コ絡みつき過ぎw

このまま二人共就寝。
才女も一皮剥けばただの淫乱だな…なんて思った20歳の正月でした。

翌日は朝から二日酔い。
でも2発して帰って彼女と1発。
バレないかヒヤヒヤした。

この穴女セフレとして一年半程使ってました。
野外が好きで国道沿いとか公衆便所、海岸の階段とかいろんな所で使ったな。
俺は野外は余り好きではないのだが。

とりあえずマ〇コの具合と身体の相性は最高だった。
忘れられないね。
関連記事








コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。